【残雪を見に行こう】松本発 渋峠ツーリング一日目

S-5106027.jpg 

滋賀で桜が咲いていた4月、お天気と休みが上手く噛み合わずお花見を逃してしまっていた。うーむ、桜みたいなあ…。そうだ、北へ行けば桜咲いてるんでは? あまり北過ぎると行くのに時間がかかるから標高の高いところたったらもしかしたら…。

長野行こう。



S-5106016.jpg 

そんな感じで長野へ行くことに。Twitterでこっぺくんが反応してくれたので話し合った結果、渋峠に行くことに決定!

雪の回廊楽しみすぎる…(この辺りで桜のことはすっかりどうでよくなる)。

が、しかしこっぺくんは事情で来れなくなってしまった。ということで今回は一人旅。FELTの会早よ。


今回はFELT F1Cで出撃。そこそこ長い距離を走るのはコレが初めて。

パッキングはアウトシートポストバッグとドイターのフレームバッグ、フロントバッグのフル積載。個人的には後ろ荷重の方が走りやすいので前はレインウェアだけ突っ込んで軽めに。


前日は仕事終わりに切符を買って早めに( ˘ω˘)スヤァ それだけw

翌朝の始発で松本駅を目指す。


S-5105986.jpg 
家を出たときは雨天だったのでちょっと不安を抱えつつ外を眺める。しなのが渓谷を縫うように走るのは何度乗っても好きな景色だなぁ。


S-5105988.jpg 
ついたー!!松本ー!!
なんとか路面は湿ってるくらいで済んでるのでホッとした。コーヒークリームサンドなる菓子パンとメロンパンを頬張ってスタート!

S-5105990.jpg 

S-5105993.jpg

S-5105992.jpg
まぁなんというか、予想通りというか・・・・

北 ア ル プ ス が み え な い
くそう・・・雲が厚すぎるぜ・・・。水田に写る残雪の北アルプスとか撮ろうと思ってたのに・・・。


S-5105994.jpg

S-5105995.jpg
まぁ、嘆いてもしかたないのでささっと進んでしまうことに。松本から明科を越えて木崎湖までびゅーんっとすすむ。木崎湖到着時刻が12:00ごろになりそうだったので、適当に何処かで食べようかなーと思っていたけれど結局コンビニおにぎりを購入。まだだ、まだ食べない。木崎湖の湖畔でのんびりおにぎりを頬張るんだ・・・!!

S-5105996.jpg 
木崎湖には12:00に到着。左岸側に来てしまったけどこっちでいいのか・・・?

S-5105997.jpg
お、あれがそうか・・・?


S-5105998.jpg
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
よく見る構図、ほ~こんな感じになってたんだなぁ。なんかの聖地らしいけど未視聴なので元ネタはわからず。綺麗な景色だからそれだけでいい。


S-5106004.jpg
買ってきたおにぎりを頬張る。なんともゆったりした時間が流れてほっとするなぁ。
しばらくぼーっと湖を眺める。

S-5105999.jpg 

S-5106000.jpg

S-5106002.jpg
良い。
さて、進もう。体が冷えてしまったのでレインウェアを羽織る。さすが信州というか近畿と気温差が大きい。まだ春先くらいの感覚。



S-5106006.jpg 
アブラナが咲いている。完全に季節がワンテンポズレてる。
木崎湖を出て青木湖に行く途中、小さな湖があった。あー、小さいのあるわーと思ってたけど、深い緑の湖面に吸い寄せられるように寄り道。

S-5106009.jpg

S-5106011.jpg

S-5106012.jpg

S-5106014.jpg
なんという綺麗さ。新緑と常緑を全て写す湖面がうつくしい。
青木湖はそんなにだったのでそのまま通過。白馬まで北上して白馬からは東に進んで長野まで走る。
白馬というとスキー場、小さい頃からよく親に連れてきてもらって滑ってたなぁ。今思えばとてもいい経験になってる。感謝感謝。
しかし、雲が厚い。切れないし長野を走ってる感じが希薄である。うーむ、一瞬でも切れてくれないかなぁなんて思ってたら白馬に到着。

S-5106024.jpg 

 S-5106027.jpg
おお・・・ちょーっとだけ切れた!! すこしだけ残雪が見えた! 思わずテンションが上がって写真を何枚も撮ってしまった。




S-5106030.jpg 

S-5106031.jpg
さてここから進路を東へ変え、鬼無里を通過して長野市内へ入る。本日唯一の登り区間である。
スプロケは12-25Tを選択してきたけどまぁなんとかなるだろう'',、('∀`)'`,、

S-5106034.jpg 
つ ら い
ひさしぶりに乗るひとが登る斜度じゃねぇ。GPS測定だから誤差はあるだろうけど7%がゆるく感じるw もう変速仕切った右レバーを空打ちしながらなんとか最高地点を目指す。


S-5106039.jpg 

S-5106038.jpg
なんとか登れた。やれやれ明日が思いやられるぜ・・・。
この場所から後立山がきれいに見えるけれど、ご覧の通り驚きの白さ。またくるからな!

びゅーんと下りはじめる。下りは楽しい。感覚がスキーにとても良く似ている。体重を移動させて体から曲がっていく。これは途中から急激に曲がるかな?と思ったら後ろだけブレーキを軽くかけてラインをずらす。
思い描いたラインでスパッと曲がれる。とてもきもちいい。


S-5106045.jpg 
山間の村なので風景は広々してはいないけど、魅力がギュッと詰まったところだ。


S-5106046.jpg 

S-5106049.jpg

S-5106051.jpg
いつの間にか少しだけ青空が見えるようになった。しかし、振り返れば厚い雲が見える。どうも長野の西側が天候が悪いらしい。降った先の長野市内はきっとはれていることだろう。
だいぶ下りてきたので気温も上がってきた。


S-5106056.jpg 

S-5106061.jpg

S-5106063.jpg
ついたー! 長野市ー!!
時刻は16:00くらい。ちょっと早めに着いたわね。どこか観光でもしようかなーと思ってスマホを開くと夕方から雨らしい。これは早めにチェックインして風呂ってしまう方がよさげ。
メインストリートを眺めながらお宿までゆるゆると。
ちょっと早めにお宿着いてしまったけど、快くむかえてくださったし、自転車を屋内に入れてもらえたのはありがたかった。

荷物は全部置いて、タオルと財布だけ持っていざ銭湯へ!

S-5106066.jpg 
安すぎワロタ。入り口から男湯と女湯が別れてる。ということは番台さんがいるやつだ。入るなり笑顔の素敵なおばさまが座ってらっしゃったので代金を払って風呂に入る。写真に残したいくらい昔ながらの銭湯って感じがしてた。唯一残念なところはコーヒー牛乳がなかったところだ。あれがあれば満点だった・・・。






S-5106068.jpg 
コーヒーで潤せなかった喉はビールで潤しましょう。コーヒー牛乳がなかったから仕方ない。

S-5106071.jpg 
さてさてメニューをみると長野の日本酒があるじゃないですか。水の綺麗な長野でできた日本酒、飲まなきゃ失礼というものですね。スッと入ってふわっと広がる香り。たまらん。
すっかりいい気分になったところでごちそうさまでした。明日は渋峠、深酒で寝坊とあらば後悔してもしきれない。

帰り道に明日の朝ごはんを買っておき、お宿に戻ってお布団に入った。
渋峠行ったあとは未定だからどこに寄ろうかな、草津の街を見るのもいい。嬬恋も楽しそうだ。
いろいろと考えているうちに眠りについた。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みなものむぎの

Author:みなものむぎの
旅先で出会った風景や自転車のこと、カメラのことなんかをつらつらと。

>カメラ
OLYMPUS E-3 E-620 E-500

>レンズ
Zuiko Digital ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD
Zuiko Digital ED 40-150mm F4.0-5.6
Zuiko Digital ED 70-300mm F4.0-5.6
Zuiko Digital ED 50mm F2.0 macro
Sigma 30mm F1.4 HSD

>自転車
Panasonic OSD9(FSD9)
Tern Link N8
あさひ シェボー
gan well R2000

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR