【悲報】 おろしたてタイヤ、逝く 【トラブル】


修士論文発表会も終わりウキウキしながら自転車に乗っていた。
今日は特に楽しい。なぜならタイヤを昨日新調して本格的に試す日だったからだ。


sf-2280012.jpg

あははは(壊)


事件は湖西にある自転車屋さん、どてるしで作業をしてもらった帰り道に起きた。時刻は14時を過ぎたころ。そういえば伊香立にある峠が登りごたえがあるって聞いたことあるな、よし行ってみるかとショップを出発して1km。

バシュッ!!

あまりに大きい音だったからビニール袋でも巻き込んだか!?と思った。とりあえず路肩に停車。
??? 止まってるのに音が鳴り止まないぞ???


sf-2280013.jpg
アアアアッッッ
所謂サイドカットですねー(^q^) サイドカットしたのは初めてでしばらく一人で笑ってたw


sf-2280014.jpg
まだバリが残る状態で死んでしまった。まだ50kmしか走ってないんだよな・・・(記事書いてたら精神的に落ち込んできたぞ)。
こんだけざっくり逝くと替えチューブを入れても裂け目からチューブがプクッと出るだろう。そこで考えた選択肢は
A. どてるしに戻りタイヤを買う。
B. どてるしに戻りタイヤブートを買う。
財布を開く。・・・・OK。プランBだ。


sf-2280016.jpg
とぼとぼと歩いて戻ってきた。ただいま。無事、タイヤブートも買えたのでレッツ修理。


sf-2280017.jpg
休憩スペースを貸してくださったのでそこで作業開始。
えいやとタイヤをひっぺがす。


sf-2280018.jpg
チューブ。思ったより穴が小さかったのでパッチで対応。


sf-2280021.jpg
タイヤ。清々しいくらいパックリサックリいってます。


sf-2280023.jpg


sf-2280024.jpg
そこでこのタイヤブートと呼ばれるアテ生地を裂け目に貼ります。湿布みたいだ。
あとはタイヤをハメて空気を充填するだけ。ポンプもどてるしさん貸していただき感謝しかない・・・。


sf-2280025.jpg
無事になんとか走れる状態になりました。



sf-2280026.jpg
空気を入れるとこんな感じ。白く見えるのがタイヤブート。
しかし、ショップから出てすぐだったから良かったものの、山道だったらと思うとゾッとする。
転ばぬ先の杖、転ばぬ先のタイヤブート。 これから携帯しとこう・・・。
スポンサーサイト

コメント 2件

コメントはまだありません
むひょろぽ  
No title

タイヤブートは、全部丸々使うともったいないので
1/4ぐらいにカットして持っておくのオススメ。
あと、もしタイヤブート忘れたらお札で代用するのもいいですよ。

2016/02/28 (Sun) 18:27 | 編集 | 返信 |   
むぎの  
No title

むひょろぽさん>
なるほどカットして使うものなんですね。勉強になります!
たしかに適当な紙とか布でもできそうだなーと思いました。

2016/02/28 (Sun) 18:30 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ